ネクストダイヤモンドモアサナイトネックレス

モアサナイトの選び方

モアサナイトストーン 1998年に販売がスタートしたモアサナイト。欧米ではすでに広く知られていますが、日本ではまだ新しいジュエリーだからこそ、購入の際には気を付けるべきポイントがあります。ここでは、NEXT DIAMOND NEW YORKが特にお伝えしておきたい、3つの注意点をご紹介します。

 

① カラーやクラリティが明記されているか
ネクストダイヤモンドの品質保証書

モアサナイトにもダイヤモンドと同じように、カラー(色)、クラリティ(透明度)、カラット(重さ)、カット(研磨)と、いわゆる「4C」と呼ばれるグレードがあります。同じモアサナイトでも、カラーやクラリティにはかなり幅があり、ダイヤモンドと同じ様に、カラーやクラリティで大きく価値が変わってきます。

ですからまずはしっかりと、自分が購入しようとしているモアサナイトのカラーやクラリティを確認することが大切です。それらが明記されていない、もしくは簡単に見つかりやすいところに明記されていない時は、どうぞ気をつけて! そのブランドは、残念ながらそこまでモアサナイトの品質に注意を払っていないということです。

 

② アウトソーシングしている工場や工房が、ほかのジュエリーと取り間違えてしまう危険も

NEXT DIAMOND NEW YORKもそうですが、基本的にジュエリーブランドは、宝石の仕入れ、製造まで一貫して行っています。ですが、工場を丸ごと保有していないブランドの場合は、委託先の工房が、他のジュエリーと混同してしまう可能性もゼロではありません。

ジュエリーブランド自体はモアサナイトを手配していても、工房が故意でないにしろ、他のジュエリーと取り違えてセッティングしてしまうこともあるのです。ですからできれば、宝石の仕入れから製造まで一貫して行っているブランドで選ばれる方が安心です。

③「ダイヤモンドテスター」や「モアサナイトテスター」で、店舗が独自に確認をしているかも重要!

モアサナイトテスターイメージ

そのジュエリーブランドが、どのようなシステムで石を管理しているか、そして、出荷前に改めてモアサナイトであることを二重確認しているかどうかも重要です。もしそのブランドが宝石の仕入れから製造まで一貫していなくても、自社で販売しているモアサナイトジュエリーを一つ一つ、出荷前にテスターで確認していれば大丈夫。あなたの手元にモアサナイトでないジュエリーが届くという事故は避けられます。

今はさまざまな合成石や、見た目では簡単に識別できないけれど、価格の差が大きなジュエリーがたくさん出てきている時代。だからこそ、しっかりとした管理システムを持ったジュエリーブランドを見極めることも重要なんです。

ぜひ購入の前にホームページなどを確認して、ご自身の目で確かめてみてはいかがでしょうか。モアサナイトのことをより詳しく知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。

奇跡のジュエリーモアサナイトとは

 

NEXT DIAMOND NEW YORKのモアサナイトのこだわり

① 妥協なく高品質のストーンだけを厳選

NEXT DIAMOND NEW YORKで取り扱うジュエリーは全て、輝きにこだわった、品質の高いストーンのみを厳選しています。そして、モアサナイトについては、その高い品質を証明するために、クラリティ、カットなどを記載した品質保証書を独自に発行しています。

製造の段階においても、常に高品質なストーンを作り続けるために妥協は致しません。弊社では設計ソフトCADを使って形状、デザインを書き起こし、数十回ものサンプル作りを経て製造を行なっています。ここまでの手間暇をかけているからこそ、360度どこから見ても美しいと私達が自負するデザインが実現できるのです。

 

② ハート&キューピッドのエクセレントカットは婚約指輪にも
ネクストダイヤモンドのモアサナイトのH&C

NEXT DIAMOND NEW YORKのモアサナイトの品質について、もう一点お伝えしたいことがあります。それは、ラウンドブリリアントカットはすべて、ハート&キューピッド(HC)のエクセレントカットを施しているということ。

ハート&キューピッドとは、ダイヤモンドの輝きを最も引き出すといわれているラウンドブリリアントカットのひとつです。その名の通り、専用スコープで見た時に表面に矢が、裏面にハートがそれぞれ8つずつ浮かび上がることを示しており、優れたカットとシンメトリー(左右対称)を持つストーンにのみ確認できる高品質のカットの証。

きらめくストーンの中に隠されているハートと矢はとてもロマンティックで、婚約指輪やアニバーサリーのプレゼントとしても選ばれています。 

 

③地球や環境、人への優しさを重視

ネクストダイヤモンドニューヨークサステナブルのイメージ

製造に携わる方達の労働環境にも厳しく配慮しています。近年、天然ダイヤモンド市場においては、採掘時の環境破壊、紛争問題、児童労働や採掘に関わる人の労働環境などが問題視されており、購入の際には、地球や環境に優しいか、人道的に正しいかということに、より重きが置かれるようになっています。

もちろんNEXT DIAMOND NEW YORKも、このような状況を重視し、製造においても「地球環境を破壊しない」「紛争を起こさない」「人権を侵害に加担しない」、というサステナブルな選択をしています。

さらなるNEXT DIAMOND NEW YORKのこだわりを知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。

NEXT DIAMOND NEW YORKのこだわり